古事記とは?
現存する日本で一番古い歴史書と言われています。

そこには、たくさんの神々が現れ、試行錯誤しながら成り立っていく日本の姿がドラマティックに描かれています。天照大神(アマテラスオオミカミ)や素戔嗚(スサノオ)など、馴染みのある神社に祀られている神々は、古事記の登場人物なのです。

こうした神々たちが、何を思い、どんなことをして、この国が創られていったのかを楽しく、自分ごとに落とし込みながら学ぶことのできる内容です。講座の前半は、古事記に関する基本的なことをユーモアを交えながら、新たな視点でこの国の本質に迫ります。

後半は、神は、自分の中にこそ在る・・・という思いから、今、この瞬間にも存在している内なる神に気付き、自分自身の使命を明らかにしていきます。これがもう、たまらなく不思議なのですが、自分自身が持つ音の響きによって、既に使命に生きていることに気付く方が続出するのです。毎回、自分の音を明確にしていくと、『それ、既にやっています!』『私はこの道でいいんだって思えました!』『今やっていることに自信が持てます!!』など、たくさんの方が笑顔になってくれます。

こんなことを思うことはありませか?

古事記は難しい・・・?
● 古事記について知りたい
● 難しそうでどこから手をつけて良いのか・・・
● 日本の神さまについて知りたい
● この国の成り立ちに興味がある
● 天地創造に興味がある
● 神々について知りたい
● 神社が好き

深遠な自分を知っていく!
● 自分の使命を知りたい
● 自分が何をしたいのか分からない
● スピリチュアルに興味がある
● もっと自分を知りたい
● 自分を活かしたい
● 人生をもっと豊かにより実りあるものにしたい
● 内なる神を目覚めさせたい

学ぶだけではない、自分への落とし込み

古事記に限ったことだけでなく、何をどれほど学ぼうと、【自分ごと】として落とし込むことがなければ、それを活かすことはできません。活かすことができなければ、時間もエネルギーも単なる浪費にすぎないのです。

古事記に出てくる神々は、あなた自身の内側にこれまでもずっと、今、この瞬間でさえ、そしてこれからもずっと在り続けます。近づきがたい特別な神さまではなく、常にあなたの言動の全てを見守り、導き、あなたに寄り添っています。脈々と流れるエネルギーの源泉が、あなたの内側に在ります。神々も『私を敬い、常に奉るように』とは言わないはずなのです。

内なる神に気付き、既に使命へと導かれていることを実感すると、私の知る限り、誰もが感動します。

自分自身の可能性を広げ、自信を持って創造することが出来るようになる講座です。

これまでご参加くださった方々のお声

  • りょこ 様

    感動で泣きました
    今日はありがとうございました。
    直傳靈氣のセミナーをしている中で、古神道の考え方など出てきます。
    もっと深めたいと思っていた時に、こちらの講座を知りました。
    古事記のお話しもよかったですが、石田さんの透き通る声での瞑想のワークが今までやったことないもので、新鮮でした。
    これまでの人生を振り返る時、本当に走馬灯のように、思い出の場面がスクリーンに映し出されるように、見ることが出来ました。
    きっと人生の終わりはこんな感じなんだろうなぁ、となぜかホッとするような安堵感がありました。
    そして向こうの世界に魂が戻った時、自分の大切な人たちがにっこりと迎えてくれて、その時点で涙腺崩壊となりました。
    こんな体験は初めてです。最後に「やりたいことはやれた?」みたいな質問を受けた時、あぁ、それって何だろうなぁと考えているうちにワークが終わりました。そこが本当に知りたいところなのだと思いますので、これから掘り下げていこうと思います。
    それから、氏名についても、自分が決めてきた人生の使命ととてもリンクしていて、良い気づきになりました。
    また次の回も楽しみです。どうぞよろしくお願いします。

  • 姉崎 晏加里 様

    人生で大事な事が得られました
    やさしい古事記講座に参加させていただき
    ありがとうございます。

    12〜13才までに民族の神話を
    学ばなかった民族は滅びる

    とその年齢までに価値観を持つことが
    重要だと感じました。


    京都に住んでおりますが、
    日本国の成り立ちは
    この講座を受けるまで
    恥ずかしながら知らずにおりました。

    しかも、
    アメリカの地理の教科書で
    日本国の成り立ちを
    アメリカでは民族の違いとして
    普通に学んでいた事に驚きました。

    そして
    光と闇は表裏一体で全ての自分を統合すると
    大きなギフトとなること。

    また自分の氏名が使命になり
    自分で選んでいること

    日本語は古代の叡智が宿っている言霊であること。

    より深く日本について学ぶ機会を
    与えてくださり、ありがとうございました。

  • 浅沼 宏子 様

    想像以上でした
    今回の講座は、「古事記の話を詳しく聞けるのかな~。」と思っていたのですが、最初から鋭く大きな視点からスタート!
    日本に生まれたのに、古事記を知る機会があまりにもなかった事。それを何も不思議に思わずに教育されてきていることに衝撃を受けました。
    そして後半のワーク・・・まさか自分の中に神を感じ「何のために生まれてきたのか」に触れることになるなんて思ってもいなかった。
    「あまりにも幼い。ありのままの感情むき出しの姿で出て来て。。。」とてもシェアする勇気がなくて、皆さんにシェアできませんでした。
    でも、この時に気が付けたことで、現実にあった(ストレスの原因)への視点がガラっと変わって、何と愛おしく面白いのかと思えるようになり、今が本当に楽しいです。
    本当に、まさかこんな展開になるとは!!
    さすがです!!

    ホントにいつもありがとうございます!
    次の講座も楽しみにしています!

やさしい古事記講座の詳細

クラス名 持って生まれた使命・託された使命へと【自分ごとに落とし込める】やさしい古事記講座
日時 2021年8月12日(木)午前13時半~15時半頃
※予告なく30分程度延長することがあります。
場所 オンラインシステムZOOM
用意するもの 筆記用具、お飲み物
受講料 5,500円