古史古伝から知る最高の自分
続・古事記講座

~ 超古代日本編 ~

世界が注目する縄文時代

縄文時代は約1万年以上続いたとされ、一つの時代がこれほど長く続いたのは世界でも類がありません。世界中が注目する、日本の縄文時代。

人々は、自然と永続的に共存しながら生活を送っていました。身分や階級もなく、最も争いが少なかったことが、1万年続いた理由の一つと言われています。現代人が失ってしまった超感覚を駆使しながら、自然と共に生きていた時代です。自然の恵みに神々のはたらきを感じ、敬い、自然の法則にのっとり、そこからあらゆることを感じ取り、学び、活かしてきたこの国の祖先。高度な技術を発明しながら、不必要な争いを避けて、豊かな社会を築いていった縄文の叡智があります。

この国の人たちはなぜ、こんなにも自然を敬うのでしょう。その答えが、縄文にあります。彼らは知っていたのです。目に見えない世界からの働きが、この世界に作用することを。私たちの祖先は、自然からのエネルギーを【言葉】に宿し、さまざまな次元のゲートを開きながら、この世界に恩恵をもたらしました。『言霊の幸わふ国』と言われる所以が、ここにあります。私たちが普段、何気なく使っているこの日本語には、古代の叡智が込められいるということです。

太古の昔の、おとぎ話や神話でもなんでもなく、今の時代にも脈々と受け継がれている言葉。日本に生まれたことが誇らしくなります。日本語に秘められているもの、この世界が本当に大切にしたいものとは・・・。

更に、音の響きによって、あなたという存在が明確に浮き彫りになっていく講座です。

こんな方にお勧めです!

● 古事記について深く知りたい
● この国の成り立ちを知りたい
● 天地創造に興味がある
● 古史古伝に興味がある
● 超古代日本に触れてみたい
● 言霊について興味がある

● 自分について深く知りたい
● 内なる神聖さに導かれたい
● 何がしたいのか分からない
● 自分の方向性を知りたい
● この道で合っているか知りたい
● スピリチュアルに興味がある

続・古事記講座の内容(全3回)

第1章 日本の神性は生きている / 高天原と天御祖神 / 縄文時代 / 今に蘇る古史古伝の教え / イサナキとイサナミ / イサナ『キ』とイサナ『ミ』の違い / 『あいうえお』の意味するもの / 古事記の本質 / 【最高の自分】を知る
第2章 古事記の本質 / 天地創造の神々 / 宇宙の成り立ちと神々のはたらき / 神格化されゆくエネルギー / ウタに秘められいるものとは / 1音1音に意味がある日本語 / 【最高の自分】を知る
第3章 引き寄せにも関係するイサナキとイサナミ / 時空間の原則トーラス / 原初の言葉フラワーオブライフ / 人生を創造しているもの / ミスマルノタマ / レオナルド・ダヴィンチが残したミスマルノタマ / 48音で開くものとは何か? / 高次元へのポータルを開く / 【最高の自分】を知る

受講者様のお声

  • タロットリーディング/イリユウコ様

    講座内でやった参加型ワークもあるのですがわたし感動して号泣でした。

    言葉にならずにうまくシェアできなかったのですが、言葉にするなら、愛に感動。

    神さまってなに?わたしたちの外に?いや、内に?を感じて 涙が止まらなくなりました。

  • 心理カウンセラー/さゆ様

    日本の神話の古事記のお話も素晴らしかったのですが、

    「使命に目覚める」とあった通り、光と闇を統合して使命に気づくワークも素晴らしかったです。

    自分のこともですが、参加してる皆さんのシェアにも胸が熱くなりました。
    生まれる前の時点まで戻った方が何人か!!

  • サイキックマッサージセッションギバー/石川あかね様

    すごく大切なことを話されていて、古事記は一時期ハマって調べたことがあったけど、どうして興味を持ったのかが腑に落とせました。

    私ようやく自分を生きはじめてるような感覚があって

    孝子さんがしてくれたワークでは肉体をもってこの地球に生まれてきた瞬間に繋がって「私は生まれてきたかっんだな」って自分自身で確認できて涙が流れました。

続・古事記講座の詳細

クラス名 古史古伝から知る最高の自分【続・古事記講座】
~ 超古代日本編 ~
日時 第1章 2021年9月21日(火)10時から12時
第2章 2021年9月28日(火)10時から12時
第3章 2021年10月5日(火)10時から12時

※各章とも30分程度延長する可能性があります。
場所 オンラインシステムZOOM
用意するもの 筆記用具、お飲み物
受講料 全3回 33,000円 ※再受講の場合 11,000円