手、両手、差し出す手

「ジャッジ」が下される時

かなり前の話し。定期的に行っていた勉強会がある。同じ学びをしている友人たちと、日中に集まっては気づきをシェアする会だった。

いつものように、ランチの時、午前中の体験をシェアをしてみた。こんなことを感じたと。こういう瞑想(ある、特定の瞑想法)は、自分には合わないことを確認していた私は、それも踏まえて伝えた。

友人たちは、気分を害したように感じた。「みんなそうだ!」「誰だって他の人のエネルギーを感じ取っている。」「それを●●●にするの!」「そんなんじゃ半分しかできてないね!」と、感情をぶつけられた。悲しみと怒りを覚えたまま、私は黙々と、ランチを続けた。

夜、その言葉がリフレインして、眠れなかった。どうして、瞑想のシェアをジャッジされるのか?何故、そこまで言われる筋合いがあっただろうか?何故、立ち上がってその場を後にしなかったのか?自分があまりにも可愛そうだった。せめて、自分だけでも、自分のためにその場から離れた方が良かったのではなかったか・・・。

怒涛のような感情が過ぎさり、少し落ち着くと、何故、あの言葉を人から言わせたのだろう?自分の何が、あの出来事を起こさせたのだろう?何に、リアクションしたんだろう?何に気づくべきだろう?どんなことを学ぶ出来事だったんだろう?自分の内に意識を合わせていった。

自分の内の、何が、その出来事を作ったのかは、分からなかった。ただ、今後、私は多くの人に向けて精神世界のことを伝えていくことは決まっている。その時、自分の意図したこととは別のことを言う人も、きっと現れるだろう。その時、私はその人を心から受容できる人間になっていたい。そう思った。

ヨガ、瞑想

久々に悲しみと怒りを感じた。

その出来事から2日経ち、別の友人と交換セッションをしていたときだった。そのことをテーマにしてみた。思い出したことがある。

私の記憶にはない、言葉を話す前の、純粋なだけの小さな自分の姿。幼き自分を、ヴィジョンの中に見つけた。小さな彼女は、ひたすら純粋だった。肉体の眼以上のものを見ていた。母は、そんな私を不気味に感じることもあったのだろう。指を差してはいけない。何も言ってはいけない。目で追ってもいけない。幼い私の言葉は通じないが、思ったこと、感じていることを、そのまま伝えると最愛の母は悲しい顔をする。そうやって、私の感性が閉じられていく瞬間を見た。私の才能が閉ざされていく。

何十年もの時を超えて、私の感性は開き始めた。そのタイミングでの出来事だった。過去の重しを解き放つ時がきたのだ。

母は、私を守ったにちがいない。才能を埋もれさせるなんて、これっぽっちも思ってもみなかっただろう。やがて成長し、現実に巻き込まれていく中で、この特殊な体質が、世間が受け入れるはずもないと危惧し、封印させたのだ。愛からの行いだった。

ランチ時に、話を戻そう。勉強会が始まる前に「私が参加するのは、これが最後。卒業させてほしい」ことを伝えてあった。ランチの時、友人たちは、きっと、その言葉にも反応していたのだと思う。自分たちがジャッジされたかのように、無意識に感じたのかもしれない。だから、午前中の瞑想が自分に合わないことをシェアしたとき、ここでもまた、ジャッジされた気分になったのだと思う。

いつでも、人は、気分を害した時、簡単に被害者になる。だけど、傷つけるのは人じゃなくて、自分。人からジャッジされたことに傷ついたり、悲しんだり、怒るわけでは無く、自分がそれを受け取ってしまったことで起こる。人に否定されたからじゃなく、自分の中で、それに同調するものを持っているから、ひどく痛みを感じたの。

要するに、癒すべきエネルギーが、自分の内にあるということが良く分かるのは、こうした感情が動くとき。事件が起こって初めて気づく。そこまで気づくと、怒りや悲しみが流れ出す。もとのエネルギーに還ってくの。すると、自然と感謝が起こる。

ありがたすぎる。。。

全ての出来事、全ての人が、私に気づかせてくれる。

人は、自分も含めて、未熟だ。自分が完璧だと、自分の方が正しいのだと、小さな世界の中で、正義を押し付け合っている。愛から・・・その気づきがなければ、私もまた、自分だけが正しいと主張していただろう。自分は傷付けられた被害者だと。

でも、私は気づいてしまった。人生の、なんて無駄のない流れに。愛だけが、そこらかしこにあるのを。誰もが、一生懸命、生きていることを。全てが、完全に、完璧で、美しいことを。精一杯、この世界に生きている喜びを。

エゴからの愛は、人を混乱させる。間違った愛。そんなものは、存在するだろうか?愛だと気づけば、その瞬間、『間違った愛』は、『純粋な愛』に変容する。

気づきは、ダークでしかなかった世界を、清々しい世界に一変させてしまう。恩寵に、ただただ、感謝しか出来ない、自分のちっぽけさに今日も胸を張ろう。全てのものに感謝。ありがとうございます。

次回のハート瞑想®オンラインクラスは8/7です!テーマは

魂の望む生き方を願うなら、あなたは、あなた自身に還る必要があります。さあ、ご一緒に、真の自分に還りましょう!

ご相談 単発セッション/コースセッションをお選びいただけます。

■只今開催中のご参加可能なクラス
◎オンライン 天性に還るハート瞑想クラス・・・ハートに繋がり、自分の内に在る愛や安らぎ、受容などを経験します。

関連記事

  1. 目

    人生は順調なはずなのに、満たされないのはどうして?自分を知りたい、明確…

  2. 聖堂、教会

    「傷付くのが怖い」ところから自分自身に目覚めていく

  3. 海、空、光

    思考の海に溺れるのか?浮かび海を創造する側になるのか?

  4. 祈り、女性、願い

    広がり続ける気づき、拡大し続ける意識

  5. トランプ、ジョーカー

    あなたは翻弄されるがまま?それとも、創造していく?

  6. 3人の手、握手

    その出会い、意味を知るほどに感謝が溢れる!

  7. 手、海、輝き

    日本人の集合意識には、どんなものがあるでしょう?

  8. 霧、男性

    【私】を生きる!自分だとばかり思っていたエネルギーに気づき、自分を取り…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事 注目記事

最近の記事

  1. キャンドル
  2. 聖堂、教会
  3. 光
  4. 自然、女性
  5. 森、自然、木漏れ日
  6. 砂の城、空
  7. 天井
  8. 森、霧、木
  9. 螺旋、宇宙
  10. ろうそく、暗い

アーカイブページ

最近の記事

  1. エンパワーメント

    キャンドル
    自分らしさの価値
  2. 意識の目覚め

    聖堂、教会
    「傷付くのが怖い」ところから自分自身に目覚めてい…
  3. エンパワーメント

    光
    褒められているのにそう思えないのはなぜ?
  4. エンパワーメント

    自然、女性
    プロセスを楽しむにはどうしたらいいの?
  5. エンパワーメント

    森、自然、木漏れ日
    やりたいこと、伝えたいことがあるなら、役に立ちた…
  6. エンパワーメント

    砂の城、空
    自分のパターンから抜け出すことを可能にする方法
  7. エンパワーメント

    天井
    使命だからこその失敗
  8. エンパワーメント

    森、霧、木
    色褪せてしまう忘却は、止められるのか?
  9. エンパワーメント

    螺旋、宇宙
    自分を変えたい?状況を変えたい?
  10. エンパワーメント

    ろうそく、暗い
    瞑想中に感じる熱、エネルギーの動きに気付く
  11. エンパワーメント

    空、海、岩、夕日
    あなたのエネルギーが、波紋のように広がっていく
  12. エンパワーメント

    瞑想、女性、庭
    面倒に感じたり、時間の無駄のように感じる瞑想