暗闇、木

【手放す】とは何だろう?

自分の可能性を閉じてしまう【滞ったエネルギー】に気づき、本来の流れに戻していくはずだった・・・

セッション途中で、もう、このセッションは必要ないのではないかと思う人がいた。これまで、その人は心理学や自己啓発を熱心に学んでいた人だった。

マインドセットを自分のことにように感じないという。「小我が、あーだ、こーだいうけど、手放した。全て、委ねている。そうすると楽になる」という。

どう対処していいのか、正直分からなかった。マインドセットのセッションを次回にして、とりあえず先に進んでみた。2週間後、どんな様子かを尋ねると、体に痛みが出てきたとおっしゃる。夜も眠れないほどの痛みだと。この痛みは、ちょくちょく人生に訪れていて、意味がある痛みだと自覚していらした。もちろん、私もそう感じた。

すかさず、『あなたにとっての、一番の恐怖』を聞いてみた。それをマインドセットに使ってみようと、再度試みた。が、結局、その恐怖も、自分のことのようには感じないのだという。「自分の中で、それは恐怖だと思っていた。でも通り過ぎてしまう。違うところで起きている感じ。これまで、ずっと自分の中の恐怖であり続けていたものが、恐怖とは感じなくなっている。そう思っている自分を眺めているような感じ。」だと。

【小我】は、凝り固まったエネルギー。もとの流れに戻る必要がある。どんなに手放したと思っていても、自分の内に居続ける。その小我に向き合い、変容させてみることを提案した。・・・が、クライアントは、その痛みを感じないと言うのだ。「何度も言うが、手放して委ねている」と。・・・セッションが進まない。

「小我を消そうとしているわけでは無い。大我が小我を包み込む感じ。不安で怖がっている自分を感じることもある。でも、手放して委ねると、なんだか楽になる」と、おっしゃる。・・・間違っていない。

このセッションは、レベル2を迎えると、間違いなく深まっていく。ただ、痛みを感じないなら、必要はないのかもしれない。日常に気づきをもたらしていくテーマ自体が、見当たらないということなのだから。素晴らしいではないか。何より、彼は、ジャッジせず、どんな信念も、そこにいることを許せているではないか。すると、大我がやってきて包みこむ → 楽になる この一連の流れは、間違っていないと思った。それを尊重しようという気持ちになった。

今のあなたに、私のセッションは必要ないことを告げ、Skypeを切った。クライアントを途中で切るというのは、とても勇気がいることだった。これまでは。

セッションを受け入れてもらえないと感じる、自己否定のような感覚。未熟さ、何もかもが悲嘆に染まり・・・が、今回はやってこない。それどころか、私のどこかが軽くなった。解放感さえ感じる。

森、木漏れ日、差し込む日

完璧な人生のプロセスを垣間見たとき
導かれている実感が胸を震わす

セッションを終えて、思い出したことがある。ハッとした。2ヶ月ほど前、瞑想の感想を人にシェアしたところ、思いがけずジャッジされたことがあった。とても傷つき、怒りを感じた。それこそ、怒りで眠れなった。

私は、何にリアクションしているのか?何が傷ついたと思っているのか?何に気づくべきなのか?この経験で何を学んでいるのか?内省してみた。その時、私は、自分に誓ったのだった。『今後、自分の瞑想会を開いたとき、セッションしている時、自分の意図に反するようなシェアや感想があったとしても、受け入れよう。どんな感想も、尊重しよう。

起こっていることは、完璧なタイミングで起こるべくして起こっている。私の理解など、たかが知れいている。そのほんの少しの理解で、人を思い通りにするなんて傲慢なことは、絶対にしない。そんな人間にはなりたくない。いつも、一人の人間として、謙虚でいたい。』そう、強く思ったのではなかったか。当時の思いが、今、鮮やかに蘇る。

人生に、何一つ、無駄なものはない。完璧なこの人生のプロセスに、ほんの少しでも近づけた気がして、私は自分に感動した。あの時の怒りが、学びが、まさか、今日、ここに繋がるなんて、思ってもみなかった。それどころか、自分が反対の立場になると、気づくことがどんなに難しいのかを思い知らされた。でも、私はしっかり、相手を尊重したではないか!!

導きという言葉がある。見えない存在に、いつも励まされていることに感謝せずにいられなかった。どんな時でも、こうして導いてくれているのだ。分かりにくいけど・・・(笑) ありがたい。。。

私の内に在る、神聖なもの。同時に、エゴイズムも存在している。先入観が、こうあるべきを創りだしている。自分に反するものがあれば、正さなければと、すかさずコントロールしようと動き始める。【自分のやり方】、【これまで学んできたこと】、【このセッションでのゴールはここ】。自分こそが正しいのだからと、主張してくるエゴイズムが、私の中にいる。

私は、所詮心理学なんて、自己啓発なんて、と、最初から見下していなかっただろうか?自分のやっていること、知っていることだけが正しいのだと、押し付けてはいなかっただろうか?セッションを振り返って、反省する。そして、そこに気づけた自分に価値をおこう。セッション中、感情や思考に巻き込まれず、ハートに耳を傾けられていた自分を誇りに思う。ハートを感じる努力をし続けた自分を素晴らしいと思う。ここまで成長できた自分に、ありがとうと言いたくなる。言おう。

痛みを見つめることは、正直、とても難しい。でも、自分自身に対して、誠実に向き合う以外、探求する術ってあるのだろうか・・・?人に癒してもらったところで、痛みが他に移るだけのこと。エネルギーは、そこに在り続ける。

彼のやり方が本当に正解なのか、或いは、無理やりにでも痛みに向き合わせることが必要だったのか?それは、今、分からない。分からなくても良いとも思う。クライアントにも、分かってもらえなくて良い。

分からない・・・という、そのことに寛げている自分がいる。分からないことは、何が何でも分かりたかった思考が、こんなにも穏やかになっていることを実感。日々の目に見えない成長を、この日感じられた。

どうでもいいことだ。人生に大切なことは、そこじゃないのだから(笑)

あなたのこれまでの学びを無駄になんてさせない、ハートフルネスクラスが始まります。内なる神に波動を合わせ、人生の軸としていくスピリチュアルグループレッスンで、あなた自身を整えることから始めましょう♪早割適用は8/8までとなります。

■只今開催中のご参加可能なクラス
天性に還るハート瞑想クラス・・・ハートに繋がり、自分の内に在る愛や安らぎ、受容などを経験します。
ハートフルネスクラス・・・まずはあなたが満たされること、そしてあなたの周りの人も満ちていく仕組みを学びます。

■ご相談
スピリチュアルレッスン・・・単発トライアル/コースレッスンをお選びいただけます。起業家のためのビジネスレッスンも可。

■イベント開催中
天性に還るハートのお茶会・・・子どもの頃のように、人生を楽しく、より自由に♪

 

関連記事

  1. 教会、聖堂、白黒

    この地球ならではの成長

  2. トランプ、ジョーカー

    あなたは翻弄されるがまま?それとも、創造していく?

  3. 水と油

    今、自分ができる最善のこと

  4. 海、空、光

    思考の海に溺れるのか?浮かび海を創造する側になるのか?

  5. 聖堂、教会

    「傷付くのが怖い」ところから自分自身に目覚めていく

  6. 海、夕焼け、ハート

    「瞑想のメリット目当て」のなれの果て

  7. 手、海、輝き

    日本人の集合意識には、どんなものがあるでしょう?

  8. 目

    人生は順調なはずなのに、満たされないのはどうして?自分を知りたい、明確…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事 注目記事

最近の記事

  1. キャンドル
  2. 聖堂、教会
  3. 光
  4. 自然、女性
  5. 森、自然、木漏れ日
  6. 砂の城、空
  7. 天井
  8. 森、霧、木
  9. 螺旋、宇宙
  10. ろうそく、暗い

アーカイブページ

最近の記事

  1. エンパワーメント

    キャンドル
    自分らしさの価値
  2. 意識の目覚め

    聖堂、教会
    「傷付くのが怖い」ところから自分自身に目覚めてい…
  3. エンパワーメント

    光
    褒められているのにそう思えないのはなぜ?
  4. エンパワーメント

    自然、女性
    プロセスを楽しむにはどうしたらいいの?
  5. エンパワーメント

    森、自然、木漏れ日
    やりたいこと、伝えたいことがあるなら、役に立ちた…
  6. エンパワーメント

    砂の城、空
    自分のパターンから抜け出すことを可能にする方法
  7. エンパワーメント

    天井
    使命だからこその失敗
  8. エンパワーメント

    森、霧、木
    色褪せてしまう忘却は、止められるのか?
  9. エンパワーメント

    螺旋、宇宙
    自分を変えたい?状況を変えたい?
  10. エンパワーメント

    ろうそく、暗い
    瞑想中に感じる熱、エネルギーの動きに気付く
  11. エンパワーメント

    空、海、岩、夕日
    あなたのエネルギーが、波紋のように広がっていく
  12. エンパワーメント

    瞑想、女性、庭
    面倒に感じたり、時間の無駄のように感じる瞑想