海、砂浜、空

才能とは?誰もが持っているというのに、なぜ多くの人が普通の人になってしまうか?

物事を巧みになしうる生まれつきの能力。

才知の働き。物事をうまくなしとげるすぐれた能力。技術・学問・芸能などについての素質や能力。

(引用 コトバンク )

才能と言うと、とても特別で限られた人のみが持っているもの、と感じることはありませんか?どの業界にも、『目を見張る活躍』『抜きんでた能力』『神に愛されている人』といった飛び抜けた輝きを放ち、人々を魅了する技があるものです。

そしてその恩恵は、多くの人に喜ばれ、とても役立つものとなっています。私たちは、そんな方たちを【才能がある】【天才】と呼び、特別な人とみるでしょう。

ところが才能とは、こうした特別に選ばれた人だけが持つものではなく、誰の内にもあるのです。才能を活かせるごく一部の人がいる一方で、多くの人は才能に気づくこともなく【普通】の人と化してしまいます。それには、様々な理由があげられますが、特に日本の文化では、自分が出来ること、得意なことに対して、謙虚であることを美徳としています。これが、自分を卑下することになり、輝く才能を自分で消し去ってしまっている。そんな理由も少なくないのです。

自慢になってはいけないと、謙虚を心がけたつもりが、いつの間にか自分を否定していることになっていないか?一度、自分自身を振り返ってみること、案外、謙遜になっていることも多々あるものです。自分で自分の能力や価値を下げてしまうことに、気づいていない場合がよくあります。

【謙虚】であることと自分を【否定】することは、まったく違います。勿論【自慢】しろと言っているわけではありません。自分が上手にできることや得意なことを【謙虚】に【認める】ことが、才能を伸ばすことに繋がっています。例えば、天才や、巨匠と呼ばれている人は、人としての在り方にも称賛の声があがります。

それは、自分自身の技にあぐらをかくことなく、常に【謙虚】でありながら、更なる技を追究しているからです。目下の技をジャッジするどころか、正すところをアドバイスし素晴らしい所を称え、じぶんのこやしにさえする。そんな学ぶ姿勢があります。まさに『賢者は愚者に学び』の精神です。常に、吸収するので技はどんどん磨かれていき、おごらない真摯な態度で、飽くなき追及を続けるから、神の技となっていくのです。

要するに、【才能】は謙虚であることで、健やかに育ち、常に追究しているからこそ、磨かれていくということです。どんな才能も【継続】していくことで、磨きがかかるのです。最初はちょっと人よりうまいかも?くらいから始まり、それを続けられるかどうかで【才能】となっていきます。

では、私たちが【継続】できるものって、どんなことがあるでしょうか?自分に興味のないものほど、続けることは困難です。でも、好きなことや興味のあることは、たとえどんなに忙しくとも、それを行う時間を見つけだし、やろうとするものです。それほどまでに自分を虜にするもの。それが、【才能】となっていくことがとても多いです。『好きこそものの上手なれ』という言葉がありますが、ほんとにその通りですね。

やってみると、好きでもない、大して興味もなかったということに気づくこともあります。それなら、他に気になっていることに変えれてみればいいだけで、そこではなく他に才能が在る、というだけのことです。

【継続】できるものなのかどうか?という視点で才能を探してみると、結構みつかるものです。『それほどここに才能を感じませんが・・・』と思うかもしれません。その場合は、それを行うのが【苦】なのか【楽】なのかを感じてみます。自分が好きでも興味もないものを長年続けるのは、苦痛を伴います。でも、それが好きで、やらずにいられなくて、気になって仕方がない・・・というのは、そこ何かがある証拠です。

自分が苦を感じることなく【継続】していられるもの。それを見つけ、続けることで、人から褒められたりする機会もあるかもしれません。そこで【謙遜】ではなく【謙虚】です。

『素晴らしいですね!!』という賛辞を頂いたら、『いえいえ、そんな。まだまだ全然です。』・・・ではなく、ここは素直に『ありがとうございます。』と、嬉しいことを是非、伝えてほしいところです。『これからも、そうおっしゃって頂けるよう、精進していきます。』と続けることで、おごることのない、謙虚さが広がっていくのです。

相手に向けた言葉ですが、言葉は、自分も聴いていることを絶対に覚えていてください。

出た言葉は、エネルギーとも言えます。自分のエネルギーが、自分の雰囲気となって、まとっていく。心では『ありがとう』と思っているけど、『全然まだまだ』と言ってしまうと、何が起こると思います?心で思っている『ありがとう』が、『全然まだまだ』に覆いかぶされて、やがてはキレイに隠れてしまうのです。こうやって、あったはずの才能が見えなくなり、やがては【普通】の人になっていってしまうのです。

才能開花も、自分のハートに正直に生きることが大切です。自分自身に正直であるということは、自分に気づいていなければならないということです。自分が何を思い、どう感じているのか?ハートは、自分ファーストでありながらも、他者に不快を感じさせることなく、調和をもたらすことを可能とします。自分自身の才能に目覚めながら、周りの人にも恩恵を与えられるのです。

そんな風に才能を活かしていけることを、【使命】ともいいます。

関連記事

  1. 像

    癒す力に目覚めるには●●は必要ありません!

  2. 十字架

    かけがえのない人生の創り方

  3. 夕日、海、人

    同じ才能を持つ人への【嫉妬】や【落胆】を、どうすればいいのでしょうか?…

  4. マグマ、噴火、火山

    怒りはコントロールできるのか?可能にするポイントはたった1つ!

  5. 宇宙、銀河

    目標設定した人生を創造することは可能か?

  6. 雲、稲妻、エネルギー

    身体の痛みに夜も眠れず・・・

  7. 水滴

    人生に差がつく●●とは?

  8. 夕日、人、空、ジャンプ

    自分の「心」を信用するようになったものとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事 注目記事

最近の記事

  1. 海、砂浜
  2. 紙飛行機、手、空
  3. 砂浜、波、ハート
  4. ハート、雲、空
  5. 手、クロス
  6. 細菌
  7. 女性
  8. カエルのおもちゃ、鏡
  9. 花、ピンク

アーカイブページ

最近の記事

  1. 未分類

    海、砂浜
    自分にとって正しいのか分からないことを続ける怖さ…
  2. エンパワーメント瞑想

    紙飛行機、手、空
    人生の逆風は●●の予兆です!